楽に楽しく生きる

思い通りの人生

もともと人生は思いどおり。
えー、うそー!って思うかも知れませんね。

 

私もはじめはそう思っていました。

 

ところが、「人生は思いどおり」ということを信じられなかったからこそ、思い通りではない人生が繰り広げられてきました。
たとえば苦手な人がいたとして、その人のせいで自分は不幸になっていると思っていました。

 

だけどそれは間違いだったことに気づきました。
その苦手な人のことを思えば思うほど、大切なエネルギーを渡してしまっていました。

 

そうすることで、その苦手な人という誤解が、私の想いの中で大きくなっていきました。
その結果、その苦手な人は、現実にますます大きくなってきました。

 

私の心が映し出す、現実という名前のスクリーンに、その苦手な人は、とても大きく映し出され、私は恐怖におののくのでした(汗)
ところが、外側に対処しようとするチャレンジが、うまくいかないということが嫌という程分かると、どうしようもなくなりました。

 

走り幅跳びに例えると、ちょうどジャンプする直前の、顔が最高に苦しそうな、がんばりの頂点に入るときの状態です。
この限界を超えた瞬間、心がポーンとジャンプしました。

 

宇宙の反転です。

 

そこで、外側に対処しようとするのをやめて心の内側を眺めるようにしてみました。

 

すると、その苦手な人っていうのは、ただ、その人の嫌いな部分を許せていない自分の価値観に、根本原因がありました。
つまり、その人はイジワルな感じの人で、それが嫌いだったのですが、これは私の中で「人にイジワルをしてはいけない」という価値基準があったから、その人のことが嫌いに感じ、苦手な人というレッテルを貼って、勝手に恐れていたのでした(汗)

 

ところが、この想念をじっと観察することによって、エネルギーを抜き取ってみました。
「イジワルな人は嫌い」と思っているんだねーと、私の自我ちゃんを眺めていました。

 

あー、私の自我は、「イジワルな人は嫌い」と思っているんだー。
へー、そうなんだー。

 

という感じで、評価をせずに、ニュートラルに眺めているだけです。
プラス思考も、マイナス思考もありません。

 

「イジワルな人のおかげで心が磨かれる」なんてプラス思考もしません。
「イジワルな人に愛を」という無理もしません。

 

ただ眺めているだけ。

 

そうすると、私の自我ちゃんの高ぶる感情はおさまっていきました。

 

そして、ふと、「べつにイジワルでもいいじゃん♪」と軽ーく考えられるようになりました。

 

そうすると、またその人に会った時に、なんと!
ぜんぜんイジワルじゃないんです!

 

「イジワルはいけない」というルールを眺めて、無色透明に浄化して、手放しただけで、イジワルな人は、いなくなってしまったのです。
今までイジワルだと思っていたその人は、とても親切な人になっていました!

 

私の宇宙がシフトした瞬間です。

 

こんな感じで2012年からは、宇宙をシフトしやすくなってきます。
現実を、思いのままに変えていくことができます。

 

そのことに気がつきはじめた人が、あちこちでたくさん出てきています。
このことを、多くの人に伝えたいなーと、私の自我ちゃんがまた、叫びはじめました(^^)

 

感情の波に流されて、現実が危うくなっても、この方法を知っていれば、いつでも現実を書き換えることができます。
はじめは難しいかも知れませんが、根気よく練習をしていくと、面白いように変化していくのが分かると思います。

 

よかったらやってみてくださいね。
そして、起きてくる変化を楽しんでみてください。

 

そして、よかったら、どんな変化が起きたか、お知らせくださいね。
楽しみに待っています(^^)/

思い通りの人生関連ページ

観念の手放し方
怒りや憎しみ、焦り、悲しみ、愛の欠乏の渦を感じているとします。 そこで、観念の手放し方を具体的にやってみましょう。 怒り、憎しみ、悲しみ、愛の欠乏の渦、これらはすべてマイナスの感情だと思います。 簡単に言うと「不快感」です。
なぜ、マイナスの感情が湧き出てくるか?
マイナスの感情。 イライラ、残念、がっかり、無力感、失望、絶望、不安、心配、恐れ。 これらはすべて気持ち良くないですよね。
すべてちょうどいい
今いる場所が、今、学ぶことのために一番ちょうどいい場所。
走り幅跳びの法則
走り幅跳びは、ダッシュして、頑張りが極まったところで、ピョーンとジャンプする。
幸せになる方法
幸せって、追いかけると、叶わない。 なぜか?
プラス思考の落とし穴
プラス思考には落とし穴があります。
個人セッション(就職について)
ここでは、個人セッションでの相談者のMさんとのやり取りをご紹介します。
好きなこと
好きなことが海外旅行だとしたら、まずお金を貯めます。
義務感
例えば、年賀状を書けなかったことに対して、「あ?あ」と感じたとします。 これも一種の不快感。
何に意識を向けるか?
好きなことは何ですか?
店が暇で困ります
このようにいわゆる「不快感」を感じる時には、必ず「自我ちゃん」が何かを叫んでいます。
女性はもともと女神様
女性はみんなもともと、女神様。 神様だから何でも叶えられる。 とは言っても、現実はそうはうまくはいきませーん!って思っていませんか?
わくわく私利私欲のすすめ♪
私利私欲はダメです。なーんて思っていませんか? でも、人類の進化発展のためには、私利私欲はとっても大事。