楽に楽しく生きる

なぜ、マイナスの感情が湧き出てくるか?

マイナスの感情。
イライラ、残念、がっかり、無力感、失望、絶望、不安、心配、恐れ。

 

これらはすべて気持ち良くないですよね。

 

これらはすべて、不快感です。

 

では、なぜ、不快感がわき起こって来て、私たちはいやな気分になってしまうんでしょうか?
いつも、スッキリさわやかでいたいのに。

 

それには、理由があります。

 

もともと、私たちは全知全能で、何でもできます。

 

でも、そのことを忘れて、何もできないという制限をかけて、この地球上に生まれてきました。
この地球上で、無力だからこそ感じることができるこれらの感覚を味わいに来たのです。

 

そして、思い通りにならない現実を見て、不快感をさらに強めていきます。
不快感が強くなればなるほど、「やはり私は無力だった」という感情を味わいます。

 

そして、私たちはまんまと自分で設定して来たこの地球ゲームが現実のものと思い込む事に成功します。
でも、物理学的には、宇宙はふわふわ漂う波の様な存在が物質化したもので、もともとは幻です。

 

この幻を現実だと信じて、感情を味わうための地球ゲームを楽しんでいるんです。
だから、大変な現実が目の前で起きて来たとしても、本当はそれは本来の自分が創り出した幻だってこと。

 

だからすべてシナリオどおりで順調なんです。

 

すべてちょうど良いタイミングで、ベストな学びができるように、シナリオが起きて来ているだけです。
ある出来事から不快感を外すことができるようになると、次の学びに進めます。

 

不快感を外す方法は、ここでは書いていると長くなるので、またの機会にお知らせしますが、体験上、ご存知の方もいるかと思います。
まさにその方法を使います。

 

この方法を使って、目の前に起きている問題を次々と消していけるようになると、次は目の前に現実を創り出す事もできるようになってきます。
なぜなら、本来の私たちはそもそも全知全能で何でも叶える事ができるのですから。この法則が使えるようになると、「至福」という気分の中にいなが
ら、望む現実の創造ゲームを始めることができます。

 

これが人生のセカンドステージです。

なぜ、マイナスの感情が湧き出てくるか?関連ページ

観念の手放し方
怒りや憎しみ、焦り、悲しみ、愛の欠乏の渦を感じているとします。 そこで、観念の手放し方を具体的にやってみましょう。 怒り、憎しみ、悲しみ、愛の欠乏の渦、これらはすべてマイナスの感情だと思います。 簡単に言うと「不快感」です。
すべてちょうどいい
今いる場所が、今、学ぶことのために一番ちょうどいい場所。
走り幅跳びの法則
走り幅跳びは、ダッシュして、頑張りが極まったところで、ピョーンとジャンプする。
思い通りの人生
もともと人生は思いどおり。 えー、うそー!って思うかも知れませんね。
幸せになる方法
幸せって、追いかけると、叶わない。 なぜか?
プラス思考の落とし穴
プラス思考には落とし穴があります。
個人セッション(就職について)
ここでは、個人セッションでの相談者のMさんとのやり取りをご紹介します。
好きなこと
好きなことが海外旅行だとしたら、まずお金を貯めます。
義務感
例えば、年賀状を書けなかったことに対して、「あ?あ」と感じたとします。 これも一種の不快感。
何に意識を向けるか?
好きなことは何ですか?
店が暇で困ります
このようにいわゆる「不快感」を感じる時には、必ず「自我ちゃん」が何かを叫んでいます。
女性はもともと女神様
女性はみんなもともと、女神様。 神様だから何でも叶えられる。 とは言っても、現実はそうはうまくはいきませーん!って思っていませんか?
わくわく私利私欲のすすめ♪
私利私欲はダメです。なーんて思っていませんか? でも、人類の進化発展のためには、私利私欲はとっても大事。