Site Statistics

    5 成功するために成功する

    成功するためにはどうすればいいのでしょうか?
    成功するためには、逆説的ですが、成功していくことが大切です。

    小さな成功を続けていくこと。

    003_0003

    これが大事です。

    チャンスも巡ってきます。

    ひとつの小さな成功は、自分なりの成功法則になります。

    そして、それを必要としている人に教えてあげます。
    すると、自分とかかわる人も成功していきます。
    自分を取り巻く人たちの、成功に関する平均値が上昇し始めます。
    満潮になった海の上に浮かんだ船のように、自分も押し上げられていきます。
    これを繰り返していきます。

    どうすれば成功できるかということだけを考えてばかりいると、だんだん煮詰まってきます。
    「楽しそう!」という直感を大切にして、いろいろやってみることが大事です。

    何が良くて、何がまずいか。
    だんだんわかってきます。
    行動に無駄がなくなってきます。
    成功確率も上がってきます。
    セミナー講師になってノウハウを語れます。

    小さな成功体験は階段を登るようなもの。
    一つの段を登ったら、また次の段を目指していきます。
    そして、あとから来る人のために道しるべを残しておきます。

    標高が上がってくるので、だんだんいろんなことが見えるようになってきます。
    視野が広がってきます。

    視野が広がってきたところで、それまでしてきたことをいったん整理して、後に続く人たちに教えてあげます。
    どうやってそこまで階段を登ってきたのか。
    そのコツを教えてあげます。

    どこでコケたのか。

    005_0002

    どうやってコケたのか。
    その失敗談を教えてあげます。
    全部すっきり伝えきった後は、まわりのもやが晴れて、次に目指す山頂がはっきり見えてきます。
    直感を頼りに、楽しそうな方へ進みます。
    これを繰り返していきます。

    だから成功するには行動することがとても大切なのです。
    行動を起こすからこそ、成功していくのです。

    階段で踏み外せば、「失敗法則」が書けます。
    少し痛いですが……。

    失敗しても格好をつけて取り繕ったりせずに、きちんと反省して次に活かせば、それさえも秘訣になっていきます。
    階段をうまく上ることができれば、「成功法則」が書けます。

    行動を起こせば、とにかく本が書けます。
    どちらに転んでも本が書けます。
    このように、行動を起こすことによって、人生は成功するようにできているのです。

    秘訣は楽しそうなこと。
    たとえば、生きていくために必要なお金は誰かが払ってくれるとします。
    何でも欲しいと思ったものは買ってもらえるとします。
    そういう条件でも、今の仕事を続けたいのなら、それが楽しいことです。

    そうではないのなら、他に自分にぴったりの楽しいことが世界のどこかにあるはずです。
    その楽しいことを毎日少しずつでもいいからはじめていきます。
    (だからといって、いきなり転職しないでくださいね。)
    人生は思ったよりあっという間ですから!

    人生の階段を登っていると、先に登っている人から見つけてもらいやすいのです。
    何かのきっかけで、チャンスをくれたり、楽しい企画に誘ってもらえたりします。
    感性が合えば電話がかかってきます。

    そういうご縁がきっかけで、もっと成功しやすくなっていきます。

    【結論】
      失敗は成功のもと。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする