Site Statistics

    21 念じる言葉と反対へ引っぱられるのはなぜか?

    こんなことってありませんか?
    なぜか、なりたいイメージの逆の方向へ引っ張られてしまうことって…。

    なりたいイメージを唱えたりすると、なぜかブレーキがかかってしまったり…。

    そういうことってないでしょうか?
    なぜ、言葉とは裏腹のイメージに引っ張られることがあるのでしょうか?

    002_0002

    幸せになる方法、
    自分探し、
    成功するためには、
    ツキを呼ぶ、
    ありがとうと感謝せねば、

    こう言い聞かせようとすればするほど、裏腹の気持ちに引っ張られてしまうような気がする…。

    こうありたいというイメージがあって、そのような言葉を念じるのですが、それと裏腹のイメージが心を支配してしまっている状態。
    アクセルを吹かしながらブレーキも踏んでいる状態です。

    だから苦しくなるのですね。

    そうじゃなくて、もうすでにそうなっていることを知る、というような感じを思い浮かべてみてください。

    「なりたい」じゃなくて、「なっている」という状態を。

    もうすでにそうなっている自分を、まずは、感じてみること。
    そういう状態の自分を味わってみること。
    楽しんでみること。

    そういうイメージを自然に楽しみながらやってみる。
    リラックスして。

    そしてそのイメージで毎日を過ごしてみる。
    すると、本当にだんだんそのとおりになっていく。

    思考パターンをイメージどおりに勝手に作り上げるのです。
    すると、そういう現実になっていく。

    004_0003

    「感謝せねば!」
    と頭で考えるのではなく、
    ほんわかと、なんとなく、
    リラックスして、
    「ありがたいなぁ」
    と心で感じてみます。

    やってみてください。

    006_0001

    寝るところもある。
    風呂にも入れる。
    ご飯も食べれる。
    今日、目が覚めた。
    生きている。
    友達もいる。

    ああ、なんてありがたいんだろう…。
    もうすでになっているという心が大事です。

    だから目標を紙に書いたりすると効果が出るのですね。
    なりたいイメージ写真を壁に貼ったり、行きたい国のパンフレットを切り抜いて壁に貼ったり…。

    趣味活動用の名刺に、なりたいイメージの肩書きを書いておくのもいいですね。

    しあわせ料理研究家とか、しあわせライフアドバイザーとか…。
    これらの肩書きがだんだんなじんでくると、いつの間にか実現しています。

    タイムマシンに乗ったつもりで、未来の自分になりきってみるんですね。
    その思い描いた像にだんだん近づいていきます。

    【結論】
     「なりたい」じゃなくて、
     「なりました!」と感じる。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする